実は危険?糖質制限ダイエットの落とし穴とは

実際は良いことだけではない?

ダイエット
肥満に悩まされている人にとっては、ダイエットの一番の目的は、効果的に体重を落としていくことです。

肥満の状態が続くと、見た目に問題が生じるだけでなく、体の健康的にも良いことはありません。

そのままの状態が続いたり、さらに肥満になると将来的に病気になってしまう可能性が高まるため、早めに対処する必要があります。

効果的に体重を減少させるためには食事の中身を見直していく食事制限や、運動量を高めていくダイエットを試みていく必要があります。

そんな中で、いま人気になっているダイエット方法が糖質制限ダイエットです。

効果が出やすいことと糖質以外なら我慢しないでいいことから非常に多くの人が実践しているようです。

しかし、実際は良いことだけではないということを知っておく必要があります。

糖質とは、炭水化物などが体内に入って変わる物質であり、私たちの運動エネルギーの中心となる成分です。

ただ、糖質は私たちの体内に入ると血糖値を急激に上昇させる傾向があるため、体に脂肪を取り込んでしまう要因となってしまいます。

またインスリンが分泌される頻度が多くなるので、糖尿病となる可能性を高めてしまいます。

そしてもう一つは、インスリンの分泌量が減少するので、すい臓が疲労しないで済みます。

大食いをする人は、内臓が常に稼働状態で疲れ切った状態になるため、身体の異常が出やすいのです。

このように、実際は大きなデメリットもあります。

私たちの食事を大きな分類で分けると三大栄養素が中心です。その一つが糖質となります。そして、脂質・タンパク質となります。

そのため、糖質制限ダイエットをすると糖質を控えた分だけ空腹感が増すことから、食事のバランスは、脂質・タンパク質の割合が増えます。

脂質とタンパク質となる食材には、肉や魚、卵やバター、植物性の油などが該当します。そのため、これらの食材を多く摂取すると血液ドロドロの状態になりやすくなってしまいます。

つまり血中にコレステロールが増える傾向になり様々な問題の要因となります。血液の流動性が低下すると肩こりや冷え性の症状、疲労感を感じることや、若々しい綺麗な肌をキープできなくなったりします。

これを防ぐ為には、野菜類を増やしていく必要があります。

そのため、糖質制限ダイエットをする時には、パンやごはん、ジャガイモなどの糖質を抑えるだけでなく、肉類も食べ過ぎないように抑えて野菜を食べるバランスにしていく必要があります。

そして、もう一つの問題はセロトニンの減少です。セロトニンを合成するには糖質が必要となるので、糖質制限ダイエットによりセロトニンが減少してしまいます。

セロトニン減少の影響で、ストレスに対する抵抗力が下がってしまう可能性があります。つまり、糖質制限ダイエットを継続している間は、イライラ間を感じながらのダイエットとなります。

更に、体内の糖質が減少傾向になってしまうので、体の中にあるタンパク質から糖質を作り出そうとする糖新生がおきるため、足りない糖質を作り出す為に筋肉量が減少してしまう可能性もあります。

このように、糖質制限ダイエットは、様々なデメリットの可能性があります。


糖質制限食を習慣づけるのに失敗した体験

私が糖質制限食にチャレンジしようと思ったきっかけは、テレビ番組でした。

甘いものが大好きでしかも運動不足であったため血流の悪さが気になり始めていました。冷え性や便秘などの症状ばかりでなく、不意のドキドキとした鼓動や節々の違和感、指先の痛みなどが出始めておりこれはマズイと感じていました。

運動を始めようかと思っていた時に糖質制限の番組を見て、「コレだ!」と感じました。

番組の中では、少し太り気味の出演者の方が糖質制限食を続けたことで血液検査の数値に改善がみられ、しかも体重ダウンにも成功していました。

過去には数々のダイエットに失敗したそうですが、食事を普通に食べられるため無理なく続けられたと喜んでおられました。

糖質制限食のメニューはレンジでチンして作れる簡単なものも多いと言うことで、丁度食事のメニューのマンネリ化を感じていたことも始める大きな動機になったのです。

さらに顔のたるみが気になっており、ダイエットで痩せたら顔もスッキリできる気がしていました。

そんな悩みの数々を全て解決してくれる期待感が膨らみ、すぐにメニュー本や耐熱容器、保存容器などを揃えて糖質制限食のメニューを作り始めました。かなりやる気満々になっており、今考えれば意気込み過ぎたのかもしれません。

糖質制限食の知識が増えてくると、糖分が多い芋類の野菜はじめ、小麦粉類の食品は全て摂らないようにと言う意識が働きました。

しかし現代の食生活に置いて、それらを除いたら何を食べれば良いのかというほど糖質や小麦粉製品は溢れかえっています。スーパーに行っても選ぶものが限られることに、少しストレスを感じていました。

糖質制限食を続けていくにはメニュー本が頼りと思い、簡単に作れる美味しそうな料理を一通り作ってみました。

しかし本を見ながら料理を作ると言う作業は、意外と慣れるまでに時間が掛かります。たくさんあるメニューの中でも、好みに合ったメニューで特別な調味料や材料が必要でないモノは意外と少ないと感じました。

そんなこんなの状況が続くうちに、やはり普通に作る慣れたメニューの方が楽に感じるようになってしまいました。

糖質制限のメニューの場合、ご飯は食べないか、あるいは少なくしておかずの数を増やすのが理想ですが面倒くさがりの私にはアレコレ作るのが大変でしたようです。

しかし糖質制限食の知識が増えたことで、糖質の多い食品を知ることができ以前に比べて制限する意識が高まりました。

また小麦粉製品を控える習慣もつきました。糖質制限食のみで2週間くらい過ごした頃は本当に身体が軽く感じ、顔も少なからずスッキリしましたから、効果が期待できる食事だと実感はできています。

糖質制限食のみの食事を習慣づけることには失敗しましたが、今後は糖質を意識した食品選びやメニュー内容を自分で考えてできる範囲で行っていこうと思っています。

菊芋の効能

実は危険?糖質制限食ダイエットの落とし穴!実際は良いことだけではないトップへ